生え際 育毛剤

育毛剤で生え際対策をするときに知っておきたいこと

薄毛のほとんどの原因は男性型脱毛症(AGA)

年齢とともに過疎する薄毛に悩む男性は大勢います。
フロントから忍び寄るおでこの生え際の後退がM字ハゲ、トップからジワジワ広がりを見せるのが、頭頂部のO字ハゲです。
M字ハゲやO字ハゲの原因の8割は、男性型脱毛症(AGA)と言われています。

 

もう少し詳しく説明すると、男性ホルモンの一種テストステロンと5αリアクターゼ酵素が結合して生成される、ジヒドロテストステロンとよばれる物質があります
このジヒドロテストステロンこそ薄毛を進行させる犯人であり、男性型脱毛症の主たる原因とされています。

 

ちなみに、薄毛を進行させてしまう原因として次に考えられるのが頭皮の血行不良です。
血流が滞ると、次第に毛根に髪の成長に必要な栄養分が行きわたらなくなり、髪の毛が細くなったり短いうちに抜け落ちていく症状があらわれます。
抜け毛の進行に歯止めをかけたいと感じた時、手を伸ばしたくなるのが育毛剤です。
今、高い育毛効果が認められることで注目を集めている2種類の医薬品があります。

 

その名も、フィナステリドミノキシジルです。
フィナステリドは、医師の処方箋が必要な内服薬で、5αリアクターゼの生成を抑制する効果があります。
男性型脱毛症(AGA)が進行しやすいM字ハゲに効きやすいとされています。
ミノキシジルは、市販薬にも配合されている成分で、血管拡張効果があります。
血行不良から進行しやすいO字ハゲに効きやすいとされています。

医薬品配合の育毛剤を使う前に医師に相談

しかしこれには個人差もあり、M字ハゲの原因が頭皮の血行不良の場合もありますし、O字ハゲの原因が男性型脱毛症(AGA)による場合もあります。
また、それぞれ医薬品である以上、副作用やリスクもあります。
これらの医薬品配合の育毛剤を試す場合は、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。
自分にあった育毛剤を選んでしっかり生え際対策をしましょう。

生え際クライシスを回避する育毛剤

薄毛に気付いたら早めのケアを

世の中の女性達に「あの人って生え際の魔術師よね…」なんてささやかれる人は、おでこのM字ハゲをカツラでカバーしてるよね?!と噂されているのと同じことを意味しています。
なんだか報われない話です。
そうならないためにも、早めのケアで先手を打つ、これがデキル男の防衛術です。

 

あなたの生え際クライシスをしっかり回避するためには、最適な育毛剤をチョイスする必要があります。
それには、生え際の抜け毛の原因をしっかりと見極めることから始めましょう。
まずは急がば回れ、自分の頭皮の状態を知るには、専門家の診断やアドバイスを得ることが極めて有効です。
皮膚科AGA専門外来で、髪の悩みをメディカルチェックしてもらいましょう。

 

ハゲの2大メジャーは、おでこから広がるM字ハゲとてっぺんから広がるO字ハゲです。
主たる要因は、AGA(男性型脱毛症)血行不良とされています。
中には、この両者が原因となっている抜け毛の場合もあります。

育毛剤は自分に合ったものを選ぶ

この要因を見極めることで、効果的な育毛剤を選ぶことができます。

 

育毛剤の中には、効果が高い医薬品が配合されたものもあります。
医薬品には副作用もあることから、医師の処方箋が必要とされるものもあります。
そういう意味でも、専門医によるメディカルチェックは賢い選択となります。
AGAタイプには、5αリアクターゼの生成を抑制する効果のあるフィナステリドという内服薬を処方される場合が多いようです。
また、血行不良タイプには、ミノキシジル配合の育毛剤が適しているといわれています。